抜かない矯正(非抜歯矯正)

抜かない矯正

歯列矯正をされる多くの方が「なるべくなら歯を抜きたくない」と希望されます

歯列矯正をされる多くの方が「なるべくなら歯を抜きたくない」「歯を抜かない矯正で」と希望されます。虫歯や歯周病が進行したことで抜歯に至るのなら仕方ないと思われるのでしょうが、悪くない健康な歯を抜くことに抵抗を持たれるのは当然のことだと思います。可能な限り非抜歯で歯並びを改善するために、当センターグループの歯科医院では「遠心移動」、「側方拡大」、「ディスキング」を行います。 しかしながら、すべての症例において抜かない矯正を行える訳ではありません。歯科用CTを用いて精密検査の結果で抜かない矯正が可能かどうかの判断となります。なお無理な抜かない矯正には隠れた危険性が潜んでいますのでご確認ください。

子供の矯正治療

抜かない矯正を達成する技術

診断技術の向上

下アゴの適応能力を利用し、きれいな口元、無理なく口が閉じられる状態をつくります。

装置の進化

以前はなかった装置が今世紀に入って登場してきております。その例として、マイクロインプラントの登場があります

奥歯のかみ合わせの治療の際マイクロインプラントとヘッドギアは同じ目的で用いられます

奥歯のかみ合わせを整えるのに古くはヘッドギアが使用されていました。しかし、このヘッドギアの使用は、 現実的ではありません。なかなか患者さんが使用してくれず、奥歯の移動が出来ないため結局は出っ歯に なってしまいます。そして、抜歯をするということが、以前は多くのケースでありました。 マイクロインプラントの登場により、患者さんの協力がいらず、確実に奥歯のかみ合わせを整えることが できるようになりました。

最近のハイテク技術を駆使した矯正装置の登場

弱い力の方が歯はよく動く。矯正治療は、強い力でグイグイと歯を引っ張っているイメージをもたれている方が少なくありません。 ところが、これは全く逆のことなのです。歯にかける力は優しい方が歯はよく動きます。これらの装置は、 歯にかける力を優しくするように非常に工夫がなされています。

歯を抜くかどうか決定要因

矯正装置・診断技術の進歩により多くのケースで歯を抜かずに歯並び、口元、かみ合わせの治療がきちんとできるようになりした。 主に抜歯かどうかを判断する要因が3つに分けられます。
遠心移動(奥歯の移動)
これからご紹介する治療法すべてに当てはまることですが、歯並びが悪いの原因は「歯が並ぶあごのスペースが足りない」ためです。この「遠心移動」とは、簡単に説明しますと奥歯をさらに奥へ移動させることです。これによって歯を並べるスペースを作り出します。
遠心移動(奥歯の移動)
後方拡大(全体の歯並びを側方で移動)
従来のブラケットとワイヤーなどの矯正装置とは別に、拡大装置を用いて、奥歯を横に広げて、歯の並ぶスペースを作ります。しかしながら、必要以上の側方拡大は、歯列矯正治療終了後に元の歯並びに戻ってしまったり、奥歯で噛めなくなる場合もありますので、矯正医の見極めが大変重要となります。
後方拡大(全体の歯並びを側方で移動)
ディスキング(歯の間を削って隙間をつくる)
「ディスキング」とは、歯の表面を少し削ることで隙間を作ります。このディスキングは、歯のスペースを作る以外にも後戻りを防ぐ手段のひとつとして歯列矯正では用いられることがあります。
ディスキング(歯の間を削って隙間をつくる)

抜歯か非抜歯を見極めるためには下記の情報が必要となります

歯科用CTを導入したことで、これらの様々な情報を得られるようになり、より正確に「抜歯か非抜歯」かを判断することが可能となりました。

  • 歯の大きさに問題があるか
  • 骨格の問題があるか
  • 年齢や成長があるか
  • 歯の状態
  • 欠損歯の有無
  • 虫歯や歯周病
  • 歯槽骨の状態
  • 顎の機能の問題がどれくらい存在するのか
歯科用CTを導入したことで、これらの様々な情報を得られるようになり、より正確に「抜歯か非抜歯」かを判断することが可能となりました

歯科用CTを導入したことで、これらの様々な情報を得られるようになり、より正確に「抜歯か非抜歯」かを判断することが可能となりました。 歯列矯正において、治療技術はもちろんのこと、それ以上に事前の診査・診断が命運を分けると言っても過言ではありません。インプラント処置において歯科用CTが必要不可欠となっているように、歯列矯正においても歯科用CTが不可欠な存在になる時代は間違いなく来ます。それほど歯列矯正治療には重要なのです。

抜かない矯正の症例

[30代男性 受け口] 歯を抜かない矯正治療

患者様は20代男性。治療期間は1年2ヶ月。受け口を主訴に来院。前歯の部分が反対咬合でしたが、下の前歯をディスキング(少し削って小さくする処置)し、歯を抜かずに並べました。右上のブリッジはジルコニア(セラミック)クラウンのブリッジにて審美修復しています。また、患者様のご希望もあり、右下の前歯は歯肉の更なる退縮を防ぐために矯正治療前に歯肉の移植を行いました。(Dr.大元処置)非抜歯矯正でのリスクは、歯列の拡大により特に下顎前歯の歯肉の退縮が挙げられます。今回は、あらかじめ歯ぐきの厚みを増やしてから矯正治療に入ることで、歯肉の退縮もなく良好な治療結果が得られました。

開始前




治療途中




終了時




当院の矯正治療の特徴

各医院とも、通いやすい便利なアクセス

初回予約専用フリーダイヤル

初回予約専用フリーダイヤル

お電話での無料相談申し込みはこちら

0120-188-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00

※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

初回予約専用メールフォーム

カウンセリング予約

メールでの無料相談申し込みはこちら

カウンセリング予約