精密審美会の噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

口元を閉じた時、ゆがんでいませんか?

歯並びはもちろん、噛み合わせと顔のバランスを診ながら矯正します。 歯並びやかみ合わせを整えてやることにより、口元のバランスが改善され、口元のゆがみがなくなり本来 持つ口元の美しさを引き出すことも、コンプレックスだった口元の改善が可能です。

噛み合わせ治療

歯並びの治療

ゆがみの原因として、歯並び(噛み合わせ)の前後、左右のバランスが 崩れてしまいバランスのとれた噛み方ができなくなります。それは、筋肉のアンバランスが生じ、口元や顔のゆがみを引き起こします。また、顔のゆがみだけではなく、このような状態が長く続くとアゴの関節にも 負担がかかり、関節内部の変形が生じます。口の開け閉めの際の痛みやカクカクいう音、口が開けずらいと いった症状(顎関節症)が出てきます。矯正治療で、かみ合わせを治療することによって筋肉のバランスを回復し、ひいては骨格のずれ、口元のゆがみまで改善するのです。

アゴの関節・筋肉のバランスチェック

矯正治療にもその歴史があり、以前は口の中の症状だけをみて診断・診療を行う時代もありました。しかし、見た目はきれいになってもうまく噛めないとか、アゴの調子が悪いといった書状がでてくることが報告されるようになり、これは口の中だけおしかみていなかったことが原因で、かみ合わせがうまくいっつていないためなのです。
アゴの関節・筋肉のバランスチェック

骨格の分析

個々の患者さんのデータをコンピューターで分析し、過去のデータと十分な比較検討を行い治療に取り組んでいます。例えば、前歯の開咬(奥歯で咬んでも前歯が閉じない状態)ですと前歯で食べ物(麺類やパンなど)をかみきれず、舌を使って切っていることが多くあります。また、すれ違い咬合(上下の歯が当たらずすれ違っている状態)や過蓋咬合(上の歯が下の歯を深く覆っている状態)では、歯ならびによって顎を楽に閉じれず、知らず知らずのうちに顎関節に負担がかかっている場合もあります。 矯正治療によって、歯や顎になるべく負担なく、歯本来の機能を取り戻すお手伝いを致します。

噛み合わせ治療の症例

八重歯・下の前歯が2本足りない(20代女性)・ILFsystem・審美装置

患者様は20代女性。治療期間は1年2ヶ月。八重歯と出っ歯を治療するため、上は左右の第一小臼歯を2本抜歯下は元々歯が2本足りない(先天性欠如)のため、上を2本抜歯してかみ合わせを整えた

開始前




治療途中




終了時




精密審美会「噛み合わせ治療」症例集

当院の矯正治療の特徴

各医院とも、通いやすい便利なアクセス

初回予約専用フリーダイヤル

初回予約専用フリーダイヤル

お電話での無料相談申し込みはこちら

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00

※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

初回予約専用メールフォーム

カウンセリング予約

メールでの無料相談申し込みはこちら

カウンセリング予約