歯列矯正装置/ Appliance

トップページ > 歯列矯正装置

歯列矯正装置 関連ページのご紹介

ワイヤー矯正
矯正装置は大きく分けて「ワイヤー矯正」と「マウスピース矯正」があります。ワイヤー矯正は、これまでの矯正歯科治療の中心的な矯正装置で、歯にワイヤーとブラケットを取り付けて歯並びを治療します。 また、歯の表側に装置を付ける「表側矯正」と、歯の裏側(舌側)に装置を付ける「裏側矯正」があります。さらに、目立たない矯正装置として、透明や白いワイヤー・ブラケットもあります。
マウスピース矯正
歯に固定する装置(ブラケットやワイヤー)を使わずに治療できるので、比較的ストレス(痛みや不快感)が少ないのが特徴です。さらに、マウスピース矯正のメリットは、「矯正装置が見えにくい、目立たない」「矯正装置であるマウスピースを自分で取り外しできる」などもあります。
表側矯正
昨今、歯列矯正治療を行う方が増えてきましたが、歯列矯正治療の代表格が「表側矯正」です。表側矯正とは、歯の表側に装置をつけて行う歯列矯正治療のことです。表側矯正には、「メタルブラケット」、「審美ブラケット」がありますので、それぞれのメリット・デメリットなどをご紹介いたします。
裏側矯正
歯の裏側に矯正装置を取り付けます。前からは装置が見えずらくなっていますので、治療していることを他の人に知られてたくない方に人気の装置です。この裏側矯正(舌側矯正)は、従来の歯列矯正では歯の表面に付けていた金属のブラケットとワイヤーを、歯の裏側につけ、外から見ても気づかれない状態で歯並びの改善を可能にした画期的な治療法です。裏側矯正には、「リンガルブラケット」と「ハーフリンガルブラケット」があります。
部分矯正
歯並びを治すのは一部なのに全体矯正だと高額な料金になり躊躇してしまうかと思います。ですが、当センターの歯科医院では、「部分矯正」という治療法であなたのご要望を実現しております。「部分矯正」とは、従来の歯列矯正と同様に、ブラケットとワイヤーもしくはマウスピース型矯正装置を用いて、部分的に移動させたい歯だけを移動させ、目的に応じて歯並びの不具合を改善する治療方法のことを指します。
目立たない矯正
歯の表側に矯正装置を取り付けますが、白いワイヤーを使用することで目立たなくしています。従来の装置と比べ、見た目を気にすることが少なくなります。また、ワイヤーを金属色のものではなく、ご要望される場合は半透明なワイヤーで歯列矯正を行うことができます。ワイヤーには白いコーティングがしておりますので、審美性に優れ、歯列矯正していることに気づかれにくいです。

クレジットカードによるお支払いにも対応しております。

自費診療など治療費が高額になる患者様の利便性を考慮し、クレジットカードによるお支払いにも対応しております。さらに、患者様のご都合に合わせたデンタルローン(分割払い)もご用意しております。なお、医療費控除が、治療内容によって適用されることもあります。詳しくは医師・スタッフにご相談ください。



初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日 11:00~20:00 土日 10:00~18:00



サテライトネットのご紹介



精密審美歯科センター

初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00
※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

無料相談申込フォーム

Copyrights © Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved.