東京・日本橋、銀座、六本木、横浜・桜木町で歯列矯正・歯並びを治すなら精密審美歯科センター

総合歯科医院の矯正

当センターグループでは、歯並びの治療のみならず、虫歯や歯周病の治療も行っております。総合歯科治療を行っている中での矯正治療の位置づけとなります。矯正治療に際して、虫歯や歯周病に関することもカウンセリング時にお話しております。勿論、矯正治療と合わせて虫歯や歯周病の治療を総合的に行っていくことが可能です。



初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日 11:00~20:00 土日 10:00~18:00

歯列矯正治療

インビザラインや抜かない矯正のメリット・デメリット、ガミースマイル矯正など、矯正歯科治療に関する説明をしています。

矯正治療各項目はコチラ

>

 

インビザライン

インビザラインとは、マウスピース型の装置を使用した歯の矯正治療法です。世界中からの多数の症例報告と独自の研究開発により技術革新が速いため、難症例にも対応できるようになってきています。

インビザラインのメリット・デメリット

インビザラインは、マウスピース矯正としてのメリットだけでなく、独自のメリットや特徴もあります。また万能な矯正法ではありませんので、そのデメリットについてもご説明します。

抜かない矯正

矯正装置・診断技術の進歩により従来は抜歯しなければならなかったケースでも、歯を抜かずに治療可能になったケースが多数でてきております。

非抜歯矯正のデメリット

誰でも非抜歯矯正(歯を抜かない矯正)ができる訳ではありません。その非抜歯矯正のデメリットと、無理な非抜歯矯正に隠された危険性についてご説明します。

噛み合わせ治療

矯正治療で噛み合わせを治療することによって、咀嚼をつかさどる筋肉のバランスを回復させます。それにより、顔のゆがみ、骨格のずれ、口元のゆがみ、顎関節症が改善することが考えられます。

顔ゆがみの矯正

「顎変形」とは、上下顎のバランスが著しく悪いため、歯列矯正だけでは正しい咬み合わせに改善することが難しい歯並びのことを指します。ほとんどのケースにおいて、咬み合わせだけでなく顔のバランスにも偏りが見られます。

ガミースマイル矯正

笑った時に歯茎が見える笑顔のことをガミースマイルといいます。そのガミースマイルが気になって笑うことを躊躇ってしまう方や笑顔に自信を持てない方がいます。しかし、ガミースマイルは矯正歯科治療等で治すことができますので、本来の素敵な笑顔を取り戻してください。

子供の矯正治療

子供の歯並び矯正では、骨格を改善することができます。また、正しい噛み合わせの発育に導くことができます。ひいては、虫歯や歯周病の予防にもつながります。

叢生(そうせい)

歯が重なり合っている状態を「叢生(そうせい)」と言い、他の呼び名では「八重歯」や「乱ぐい歯」などがあります。叢生は、歯の大きさに対してアゴの骨の大きさが小さいため、歯が並びきらずに生えてしまっている状態です。

上顎前突(出っ歯)

上顎の歯列が下顎の歯に比べて、前方に突出した状態の噛み合わせのことを「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」と言います。 歯が出ていると、歯が折れたり、唇を切ったりしやすく見た目もよくありません。

下顎前突(受け口)

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを「下顎前突(かがくぜんとつ)と言い、他の呼び名としては「受け口」、「しゃくれ」、「反対咬合」と呼ばれています。 受け口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく聞き取りにくい話し方になります。また、顔つきもしゃくれたかんじになります。

開咬

下の歯が上の歯より前に出ている咬み合わせを「下顎前突(かがくぜんとつ)と言い、他の呼び名としては「受け口」、「しゃくれ」、「反対咬合」と呼ばれています。 受け口の人は、食べ物がよく噛めないだけでなく聞き取りにくい話し方になります。また、顔つきもしゃくれたかんじになります。

過蓋咬合

咬み合わせが深い状態を「過蓋咬合(かがいこうごう)」と言います。 咬み合わせが非常に強く、奥歯への負担が非常に大きいため歯周病で抜歯に至るリスクが高いです。また、抜歯に至った場合、インプラントや入れ歯などで補いますが、過蓋咬合だとそれらを製作するのが大変で、噛みにくくもなってしまいますので、早期に歯列矯正を受けた方が良いと言えます。

正中離開

歯と歯の間に隙間が開いている状態を「正中離開(せいちゅうりかい)」と言います。馴染のある呼び名は「すきっ歯」です。このような状態だと、うまく発音がしにくいため聞き取りづらい話し方になってしまいます。 見た目だけでなく、虫歯や歯周病の原因となりますので、ご事情が許すのであれば早期改善を提案いたします。

歯周病と矯正

成人の80%以上が歯周病です。矯正治療を受ける方の中にも歯周病の問題を抱えている方がいらっしゃいます。このような方には歯茎や骨を回復する処置を併用して矯正治療を行っていきます。

インプラント矯正

インプラント矯正とは、矯正治療に矯正用に開発された小さな矯正用インプラントを併用する矯正治療です。この矯正用インプラントの登場により抜かずに治療できるケースが増えております。またガミースマイルや口元の改善に大いに効果的です。

歯列矯正の適齢期

乳歯から永久歯に生え替わる頃のお子様から、永久歯が生え揃ってから成人になるまでの中高生、20代~30代前半の成人の方、30代後半以降の成人の方、と年齢や症状によって治療法が異なります。

歯列矯正治療費

「使用する矯正装置」および「治療の難易度」から矯正治療費を合わせたトータル金額を設定し、無料カウンセリング時に治療費の概算を提示しております。また万が一、治療期間が長期化した場合でも追加料金はいただきません。

表側矯正 装置別料金設定

メタルブラケット(メタルブラケットとメタルワイヤー)

398,000円~ 症状で「易・普・難」の3段階で価格を分類しています。
詳しくは下記「詳細はこちら」から。
  • 毎月の処置料(管理料) 総額に含む
  • 保定装置料 総額に含む
  • 歯列矯正カウンセリング 総額に含む
  • 精密検査・診断料 初回合計20,000円

クリアブラケット(白いブラケットとメタルワイヤー)

598,000円~ 症状で「易・普・難」の3段階で価格を分類しています。
詳しくは下記「詳細はこちら」から。
  • 毎月の処置料(管理料) 総額に含む
  • 保定装置料 総額に含む
  • 歯列矯正カウンセリング 無料
  • 精密検査・診断料 初回合計20,000円

審美装置(クリアブラケット+審美ワイヤー)

648,000円~ 症状で「易・普・難」の3段階で価格を分類しています。
詳しくは下記「詳細はこちら」から。
  • 毎月の処置料(管理料) 総額に含む
  • 保定装置料 総額に含む
  • 歯列矯正カウンセリング 無料
  • 精密検査・診断料 初回合計20,000円

裏側装置 装置別料金設定

リンガルブラケット(上下とも裏側の装置)

798,000円~ 症状で「易・普・難」の3段階で価格を分類しています。
詳しくは下記「詳細はこちら」から。
  • 毎月の処置料(管理料) 総額に含む
  • 保定装置料 総額に含む
  • 歯列矯正カウンセリング 無料
  • 精密検査・診断料 初回合計20,000円

ハーフリンガル(上が裏側の装置で下が表の装置)

698,000円~ 症状で「易・普・難」の3段階で価格を分類しています。
詳しくは下記「詳細はこちら」から。
  • 毎月の処置料(管理料) 総額に含む
  • 保定装置料 総額に含む
  • 歯列矯正カウンセリング 無料
  • 精密検査・診断料 初回合計20,000円

マウスピース矯正装置別料金設定

アソアライナー
-ASO Aligner-

(半年以内で終了するケース)

治療費の目安

3~30 万円

トランスクリアー
-Trans Clear-

(数か月~1年程度で終了するケース)

治療費の目安

3~30 万円

インビザライン
-invisaline-

(1年を超えるケース)

治療費の目安

30~85 万円

どのマウスピースが適しているかは、初診カウンセリング時に歯並びの症状を判断し、ご説明させていただきます。

歯列矯正装置

あなたが希望されている矯正装置をお選びください。ここで紹介していない矯正装置についてはご相談ください。無料カウンセリング時に、患者様に合った矯正治療法をご提示いたします。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、これまでの矯正歯科治療の中心的な矯正装置で、歯にワイヤーとブラケットを取り付けて歯並びを治療します。 

マウスピース矯正

透明のため目立ちにくく、自分で取り外しもできることで、「衛生的」「食べ物の制限が少ない」「金属アレルギーの方も安心」などの特徴があります。 

表側矯正

表側矯正には、「メタルブラケット」、「審美ブラケット」がありますので、それぞれのメリット・デメリットなどをご紹介いたします。

裏側矯正

歯の裏側に矯正装置を取り付けます。前からは装置が見えずらくなっていますので、治療していることを他の人に知られてたくない方に人気の装置です。 

部分矯正

従来の歯列矯正と同様にブラケットとワイヤー、もしくはマウスピース型矯正装置を用いて、部分的に移動させたい歯だけを移動させ、歯並びの不具合を改善する治療方法です。 

目立たない矯正

歯の表側に矯正装置を取り付けますが、白いワイヤーを使用することで目立たなくしています。従来の装置と比べ、見た目を気にすることが少なくなります。

歯列矯正症例

マウスピース矯正、ハーフリンガル(裏側矯正)、ガミースマイル矯正など、矯正歯科治療の症例をご紹介しています。

各歯列矯正症例はコチラ

>

歯列矯正症例

当センターで治療した症例をご紹介しています。ホームページ上ではご紹介しきれない症例もございますので、無料カウンセリング時に、担当医にご相談ください。

ガミースマイル

ガミースマイルが気になって笑うことを躊躇ってしまう方や笑顔に自信を持てない方が、ガミースマイルは矯正歯科治療などで治すことができますので、その治療例をご覧ください。 

マウスピース矯正

すきっ歯を気にされて来院された30代女性のケースです。仕事柄、矯正装置を付けることができないため、取り外しのできるマウスピース矯正が装置の選択となりました。 

抜かない矯正(審美装置)

歯を抜かずに歯並びを横に拡げ、全体を奥に引っ張ることにより矯正治療を行いました。口元から明らかにきれいな歯並びが見えるようになったことがわかります 

裏側矯正 治療例

顎と歯並びにコンプレックスを持っておられた 代女性の裏側矯正装置を使用した治療例です。治療前後の写真を比べていただくと、下顎のバランスがよくなったことをご確認いただけます。

交叉咬合(クロスバイト)

噛み合わせの状態が前後逆になってしまう交叉咬合(クロスバイト)の治療例です。クリア装置、非抜歯、短期間での治療となりました。

子供の矯正 治療例

患者様は10歳女性で、治療期間は約3年間、メタル装置で治療されました。治療の途中で思春期による成長も手伝い、下顎がうまく成長した結果、抜歯をせずに、満足のいく結果になりました。

ハーフリンガル 治療例

上の歯の裏側に矯正装置を付け、下の歯には表側に矯正装置をつける ハーフリンガルでの矯正治療例です。またこの患者様は「下顎が無い」ことを気にされ来院されました。

矯正&セラミック 治療例

ハーフリンガルでの矯正治療後に、セラミック治療(ブリッジ)を行った総合歯科治療の治療例です。当グループの歯科医院では、矯正治療以外の治療も行っています。

当センターは矯正治療だけではない総合歯科医院です。

精密審美歯科センター グループ

精密審美歯科センター

初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00
※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

無料相談申込フォーム

Copyrights © Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved.