裏側矯正(舌側矯正)・フルリンガル・ハーフリンガル

裏側矯正

裏側矯正とは、歯の裏側(舌側)に装置をつける歯列矯正です

歯の裏側(舌側)に矯正装置を装着する治療法です。上下ともに裏側につけるフルリンガル、上の歯だけ裏側に装着するハーフリンガルがあります。この裏側矯正(舌側矯正)は、従来の歯列矯正では歯の表面に付けていた金属のブラケットとワイヤーを、歯の裏側につけ、外から見ても気づかれない状態で歯並びの改善を可能にした画期的な治療法です。 裏側矯正には、「リンガルブラケット」と「ハーフリンガルブラケット」がありますので、それぞれのメリット・デメリットなどをご紹介いたします。

裏側矯正(舌側矯正)

リンガルブラケット

リンガルブラケットとは、上下顎すべてにおいて装置を裏側につけて歯を移動させる治療法のことです。 外からはまったく見えませんので、営業マンの方や接客業の方、就職活動を予定されている方など、話す機会の多い方におススメです。
リンガルブラケット
「リンガルブラケット」のメリット・デメリット
メリット デメリット
装置が目立ちにくい 舌に触れる違和感を感じる
矯正中の虫歯になりにくい 発音がしづらい
前歯が引っ込みやすくなる 食事がしづらい
舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減る 歯磨きがしづらい
  表側矯正より料金が高い

ハーフリンガル

ハーフリンガルとは、上下顎すべてを裏側に装置をつけるリンガルブラケットとは異なり、上の歯は裏側に、下の歯は表側に矯正装置をつける治療法です。 上の歯にしか裏側に装置をつけないので、比較的装置が目立たず、発音や舌への不快感も軽減できます。「装置が多少見えてもいいけど快適に矯正したい」 という方のニーズにお答えします。
ハーフリンガル
「ハーフリンガル」のメリット・デメリット
メリット デメリット
表側矯正に比べて矯正装置が目立ちません 表側矯正よりも料金が高
リンガルブラケットよりも料金がリーズナブル はじめのうちは舌が痛くなる場合がある
リンガルブラケットよりも舌の違和感や発音への影響が少ない 初めのうちは発音がしづらい場合がある
  1回の治療時間が比較的長くなる場合がある

裏側矯正の症例

前歯のねじれ、顎のゆがみの矯正治療例

20代女性。顎のゆがみと前歯のガタガタが気になるとのことで来院。下顎が右にシフトし、上下の正中も大きくずれていました。ミニスクリューを使い抜歯せずに治療をしました。治療期間は2年です。装置は目立たないハーフリンガルを選択されました。下顎が大きく右偏していましたが、可能な限り上下の正中を合わせました。矯正治療により、歯並びをととのえることで顎のゆがみをカモフラージュしました。顎の手術をせずに、お顔の印象が大きく変わったと思います。また、左上の5番がすれ違い咬合になりかけていたのをしっかり治しています。

前歯、小臼歯、出っ歯(フルリンガル)矯正治療例

20代女性。装置は裏側装置(フルリンガル)。治療期間は2年。患者様は見えない矯正を希望しました。出っ歯なので、上の左右の第2小臼歯を抜歯して前歯を後へ下げ、その抜歯してできたスペースを利用して出っ歯の治療を行いました。
Before Before
After After

この症例の詳細はこちら

関連治療カテゴリー

精密審美会「裏側矯正」症例集

当院の矯正治療の特徴

各医院とも、通いやすい便利なアクセス

初回予約専用フリーダイヤル

初回予約専用フリーダイヤル

お電話での無料相談申し込みはこちら

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00

※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

初回予約専用メールフォーム

カウンセリング予約

メールでの無料相談申し込みはこちら

カウンセリング予約