精密審美会の叢生(そうせい)治療

叢生(そうせい)治療

他の呼び名では「八重歯」や「乱ぐい歯」などがあります

歯が重なり合っている状態を「叢生(そうせい)」と言い、他の呼び名では「八重歯」や「乱ぐい歯」などがあります。叢生は、歯の大きさに対してアゴの骨の大きさが小さいため、歯が並びきらずに生えてしまっている状態です。このケースの場合、歯ブラシが行き届かず汚れが残りやすくなり、虫歯や歯周病の原因となります。

子供の矯正治療

叢生(そうせい)が引き起こすリスクは?

  • 虫歯になりやすい
  • 歯周病になりやすい
  • 歯ブラシが行き届かないため口臭が出やすい
  • 咬み合わせが悪いため、顎が痛くなりやすい

叢生治療の症例

出っ歯を治したい。メタル装置による抜歯矯正

患者様は20代女性。治療期間は2年9ヶ月。出っ歯とでこぼこの歯並びを気にして来院された患者様です。口元を積極的に引っ込めるために、上下左右の第一小臼歯を4本抜歯することとしました。治療期間の目安:2年半

開始前





治療途中



終了時





当院の矯正治療の特徴

各医院とも、通いやすい便利なアクセス

初回予約専用フリーダイヤル

初回予約専用フリーダイヤル

お電話での無料相談申し込みはこちら

0120-188-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00

※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

初回予約専用メールフォーム

カウンセリング予約

メールでの無料相談申し込みはこちら

カウンセリング予約