精密審美会の開咬(前歯が閉じられない)の治療

開咬(前歯が閉じられない)の治療

噛み合わせのバランスが悪く、顎(あご)に負担がかかり過ぎてしまいます

開咬は、前歯が閉じられない状態です。 写真では、奥歯でしか噛めていない状況です。奥の歯しか噛んでいないと、噛み合わせのバランスが悪く、顎(あご)に負担がかかり過ぎてしまいます。また、頭痛の原因にもなるといわれています。

子供の矯正治療

開咬が引き起こすリスクは?

  • 前歯が噛み合わないことで、奥歯に負担がかかるため、奥歯を失ってしまうリスクがある
  • 正しく発音ができない
  • 口を閉じにくいため、口腔内が乾燥しやすく、歯周病(歯槽膿漏)が進行しやすい

開咬の症例

開咬 前歯があいている

患者様は20代女性。治療期間は1年9ヶ月。前歯のがたがたを主訴に来院。咬んでも前歯が閉じない症状(開咬・オープンバイト)でした。開咬の方は、咬合力を奥歯だけで受け止める状態となり、長期的には奥歯の負担が大きくなります。矯正治療により前歯もしっかりかめるようになりました。上下の歯を抜いて矯正したため、口元も下がりました。

開始前





治療途中





終了時





精密審美会「開咬」症例集

当院の矯正治療の特徴

各医院とも、通いやすい便利なアクセス

初回予約専用フリーダイヤル

初回予約専用フリーダイヤル

お電話での無料相談申し込みはこちら

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00

※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

初回予約専用メールフォーム

カウンセリング予約

メールでの無料相談申し込みはこちら

カウンセリング予約