表側に装置をつけるワイヤー矯正

表側矯正(ワイヤー)

表側矯正とは、歯の表側に装置をつけて行う歯列矯正治療のことです

昨今、歯列矯正治療を行う方が増えてきましたが、歯列矯正治療の代表格が「表側矯正」です。表側矯正とは、歯の表側に装置をつけて行う歯列矯正治療のことです。矯正装置としては、メタルブラケットもありますが、当院では審美性の高い「審美ブラケット」をおすすめしております。

インビザライ

審美ブラケット

審美ブラケットは、銀色のブラケットではなく、歯と同系色のブラケットを用いた表側矯正治療のひとつです。ブラケットが歯の色に近いため、メタルブラケットに比べて、目立たずに歯列矯正を行うことができます。 装置が目立つのを気にされる方に適した装置です。また、ワイヤーを金属色のものではなく、ご要望される場合は半透明なワイヤーで歯列矯正を行うことができます。ワイヤーには白いコーティングがしておりますので、審美性に優れ、歯列矯正していることに気づかれにくいです。
審美ブラケットとは?
「審美ブラケット」のメリット・デメリット
メリット デメリット
あらゆる症例での治療が可能(ただし、一部の症例では、外科手術が必要な場合もあります) 装置の異物感を感じる場合がある
治療費が裏側矯正に比べ安い 慣れないうちは食事や歯磨きがしづらい
装置が目立ちにくい  

審美ブラケット症例

20代女性 八重歯の抜歯矯正

患者様20代女性。審美装置。治療期間1年5ヶ月。右上の第2小臼歯単独抜歯により八重歯を解消する計画としました。左上の犬歯が元々無いとのことで、第1小臼歯を犬歯と見立てる計画となっています。顎間ゴムなどの協力度も高く、順調に治療を終えることができました。

開始前





治療途中





終了時





当院の矯正治療の特徴

各医院とも、通いやすい便利なアクセス

初回予約専用フリーダイヤル

初回予約専用フリーダイヤル

お電話での無料相談申し込みはこちら

0120-188-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00

※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

初回予約専用メールフォーム

カウンセリング予約

メールでの無料相談申し込みはこちら

カウンセリング予約