子どもの矯正治療(歯列矯正)

子供の矯正治療

いつ子供の矯正をはじめたらいいの?などの多くの質問をいただきます

先日、私の息子も一期矯正治療をしました。私自身は専門家ですし、私自身も矯正治療を2回受けていますので、自分の子供の矯正について何ら疑問がありませんが、ご自身の子供を連れて当センターにいらっしゃる親御さんは様々な質問を持っています。そりゃあそうですよね。自分の子供の体、将来に関することですから、真剣にならない方がおかしいです。しかし、この質問にはなかなか一言では答えられません。実際に子供の矯正を行っていく上で、どのようなことを見ているのかをまとめてみたいと思います。そして子供さんの矯正に少しでも貢献できれば幸いです。

子供の矯正治療

子供の矯正治療を行う上での3つの特徴

1. こどもの矯正では骨格を改善することができます
正しい成長発育に誘導します。写真は歯列矯正を行った子供の矯正治療前と矯正治療後です。治療前は、下唇が飛び出し、明らかに受け口の顔つきをしています。 治療後は飛び出した下唇が引っ込み、顔もバランスが改善しています。矯正治療をせずに大人になってしまうと、受け口の骨格になってしまいます。 場合によっては手術をして下あごを小さくする必要がでてくる場合もあります。正しい成長発育に誘導できることは、こどもの矯正の最大のメリットです。
治療前治療前
治療後治療後
2. 正しい噛み合わせの発育に導くことができます
噛み合わせが悪いために、下の前歯が本来より少し前に生えて受け口になったケースです。かみこんでくると、前歯がぶつかって奥歯がまったくあたりません。 そのため普段は少し下あごを前に出して奥歯でかんでいます。噛み合わせが悪さが、骨格に影響を与え下あごを少し前に出していると、誤った骨格の発育により、下あごがどんどん成長して下あごが飛び出した顔つきになってしまいます。ですが、噛み合わせを改善することにより、少しでた下の前歯を引っ込めることにより、きちんと上下が噛みあうようになり、下あごの成長発育が正常にもどりました。このようにこどもの矯正は骨格、噛み合わせを正しい成長発育へ導くことが可能です。そして機能も回復するのです。これは大人になってからではできない、子供の矯正だからこそできることです。
治療前治療前
治療後治療後
3. 虫歯や歯周病の予防に有効です
虫歯の予防の場合 歯周病の予防の場合
虫歯で多いのが歯が重なっている部分。子供のころに歯列矯正をすることによって歯磨きをしやすい状態に改善します。こうして将来にわたって虫歯になりにくい環境を作ります。 歯が混み合っておりきれいにみがけません。歯石が大量につき、歯周病 になります。

噛み合わせが悪いと歯茎がなくなることを知っていますか?

特定の歯に本来かからない力がかかると、歯茎がなくなります。噛み合わせが悪い部分の歯が過重負担になっているからです。 このケースでは、下の前歯が少し前に出ているために、歯の表側をささえる骨が薄くなっています。下の前歯を拡大してみると、歯茎が薄く、歯の根がうっすらと透けて見えるのがわかります。かむことにより上の前歯からこの歯には前に突き出す力がかかります。この力で歯茎がやられて大人になるにつれ右の写真のように、歯茎がなくなってくることが予想できます。

子供の矯正の症例

小児の受け口

患者様は8歳。治療期間は1年。受け口を主訴に来院。骨格性の反対咬合のため、上顎の成長を促進するようにMPA(上顎前方牽引装置)を使用しました。小学校低学年~中学年であれば、上顎の前方成長を積極的に促すことが可能です。また、下顎の前方への成長の抑制も期待できます。中顔面の成長も促進されるため、凹んでいた横顔の輪郭も自然になります。

開始前




治療途中




終了時




当院の矯正治療の特徴

各医院とも、通いやすい便利なアクセス

初回予約専用フリーダイヤル

初回予約専用フリーダイヤル

お電話での無料相談申し込みはこちら

0120-188-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00

※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

初回予約専用メールフォーム

カウンセリング予約

メールでの無料相談申し込みはこちら

カウンセリング予約