裏側矯正、舌側矯正、ハーフリンガルについて

歯列矯正装置/ Appliance

トップページ  >  歯列矯正装置  >  裏側矯正

裏側矯正

裏側矯正(舌側矯正)とは?

従来の歯列矯正では表側矯正が主流でしたが、「歯列矯正中であることを気づかれたくない」という増加傾向にあるニーズに応える手段として「裏側矯正(舌側矯正)」が出てきました。

この裏側矯正(舌側矯正)は、従来の歯列矯正では歯の表面に付けていた金属のブラケットとワイヤーを、歯の裏側につけ、外から見ても気づかれない状態で歯並びの改善を可能にした画期的な治療法です。 裏側矯正には、「リンガルブラケット」と「ハーフリンガルブラケット」がありますので、それぞれのメリット・デメリットなどをご紹介いたします。

リンガルブラケットとは?

リンガルブラケットとは、上下顎すべてにおいて装置を裏側につけて歯を移動させる治療法のことです。 外からはまったく見えませんので、営業マンの方や接客業の方、就職活動を予定されている方など、話す機会の多い方におススメです。

「リンガルブラケット」のメリット・デメリット

メリット デメリット
・装置が目立ちにくい
・矯正中の虫歯になりにくい
・前歯が引っ込みやすくなる
・舌癖防止になり、矯正後の後戻りのリスクが減る
・舌に触れる違和感を感じる
・発音がしづらい
・食事がしづらい
・歯磨きがしづらい
・表側矯正より料金が高い

 

 

ハーフリンガルとは?

ハーフリンガルとは、上下顎すべてを裏側に装置をつけるリンガルブラケットとは異なり、上の歯は裏側に、下の歯は表側に矯正装置をつける治療法です。
上の歯にしか裏側に装置をつけないので、比較的装置が目立たず、発音や舌への不快感も軽減できます。「装置が多少見えてもいいけど快適に矯正したい」 という方のニーズにお答えします。

「ハーフリンガル」のメリット・デメリット

メリット デメリット
・表側矯正に比べて矯正装置が目立ちません
・リンガルブラケットよりも料金がリーズナブル
・リンガルブラケットよりも舌の違和感や発音への影響が少ない
・表側矯正よりも料金が高い
・はじめのうちは舌が痛くなる場合がある
・初めのうちは発音がしづらい場合がある
・1回の治療時間が比較的長くなる場合がある

 

裏側矯正の治療例(受け口)

治療前

治療後

患者様は60代の女性で、治療期間は2年6ヶ月間、裏側矯正(フルリンガル)で治療されました。治療前後で比べると、下顎のバランスがよくなったことがわかります。

 


初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日 11:00~20:00 土日 10:00~18:00



サテライトネットのご紹介



精密審美歯科センター

初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00
※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

無料相談申込フォーム

Copyrights © Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved.