非抜歯矯正のデメリットとその危険性について

歯列矯正治療/ Orthodontic

トップページ  >  歯列矯正治療  >  非抜歯矯正のデメリット ~無理な非抜歯矯正に隠された危険性~

非抜歯矯正のデメリット

「誰でも非抜歯矯正できます!」という言葉の裏にある大きな代償

近年、歯列矯正を受ける患者が増えてきているのと同時に、従来の歯列矯正には「歯を抜かなくてはならない」とのイメージが浸透しているのか、「歯列矯正をしたいが、歯を抜きたくない!」と当センターグループの歯科医院にご相談される方も増加傾向にあります。

このような患者様側の変化だけでなく、それに合わせ、「当院ではどなたでも非抜歯で矯正をできます!」と標榜する歯科医院が増えてきていることに対して、歯科業界の信頼性を揺らぎかねない事態に発展するのではないかと危惧しています。なにも「絶対に抜歯しなくてはならない」と考えている訳ではなく、正確な診査・診断をした上で、結果として抜歯の必要がある症例においても「非抜歯でできます」と断言する歯科医院に対して疑問を感じているのです。

なぜ疑問を感じているのか?それは、“無理な”非抜歯矯正による下記のリスクが起こるためです。

これらについて下記で詳しくご説明してまいります。

 

 

“無理な”非抜歯矯正が含むリスク1 「歯肉退縮による歯周病リスク」

そもそも、歯は「歯槽骨(左図赤線)」と呼ばれるものに支えられており、見た目だけでなく、「噛む」という機能も意識すると、左図のように歯は歯槽骨の中央に位置している必要があります。

非抜歯矯正のひとつに歯列を拡大させることで歯を並べるスペースを広げる治療法があり、この治療法はすべての方に適応できる訳ではなく、個人差があります。
従来の歯列矯正の事前診断で用いる「セファログラム」では、それが適応可能かを見極めることが非常に困難ですので、前述した治療法が適応できない方に行ってしまうと、左の写真のように、歯槽骨の中央ではなく、歯槽骨から歯がはみ出るような形になり、歯茎が下がり歯周病になってしまいます。

 

 

“無理な”非抜歯矯正が含むリスク2 「上顎前突による審美性の喪失」

上記の「歯肉退縮による歯周病リスク」でご説明した治療法ですが、歯を並べるスペースを作る手段には、「側方拡大(横に歯列を広げる方法)」と「前方拡大(前に歯列を広げる方法)」があるのですが、前歯側に歯列を拡大することで、歯槽骨から歯がはみ出てしまい、歯茎が下がるだけでなく、「出っ歯」と一般的に呼ばれている「上顎前突」になり、審美性を大きく損ねてしまいます。

 

 

“無理な”非抜歯矯正が含むリスク3 「噛む機能の低下」

普段、物を普通に噛むことが出来ているのは「咬み合わせ」と呼ばれる、上顎の歯と下顎の歯が適切な位置で咬み合っているためです。左図は、正面から歯科用CT画像で撮影したものですが、適切に咬み合っています。

非抜歯矯正で行われる歯列の拡大が行き過ぎてしまった場合、正常な歯並びを無視した並べ方になり、本来の「噛む」という機能が低下してしまいます。このような不適切な咬み合わせは「噛む」機能の低下を招くだけでなく、顔が歪んだり、顎関節症になる恐れも含んでいます。

 

 

“無理な”非抜歯矯正が含むリスク4 「後戻りしやすい」

そもそもの話になるのですが、歯というのは持続的に力を加え続けられることで動き、歯並びが悪くなる背景には、「舌や頬の持続的な動き」が関係しています。
非抜歯矯正では、前述した「前方拡大」や「側方拡大」を行うことが多いため、元の歯の位置を記憶している舌や頬が、元の位置に戻そうと働きかけることで、抜歯した場合と比較して、より後戻りの影響を受けやすいと言われています。

以上、無理な非抜歯矯正のデメリットをご説明してきましたが、10年、20年という長期的な時間軸で見た場合、歯周病や不適切な咬み合わせになってしまったり、日々の生活に大きな支障をもたらす結果になる可能性も否定できませんので、非常に大きなリスクを伴った治療法となります。

本来、非抜歯が無理な症例でも「非抜歯で出来ます!」と言う甘い言葉をやみくもに信じるのではなく、事前の診査・診断の段階で「抜歯か非抜歯」を判断してもらえる歯科医院を選択することが非常に大切だと言えます。また、そうした事前の診査・診断をしっかり行っている歯科医院でも、本来非抜歯で行える症例においても「抜歯」という選択をしてしまうケースが実際に起こっているのですが、なぜだと思いますか?

それについては次章でご説明したいと思います。

  • 「誰でも非抜歯矯正できます!」という言葉の裏にある大きな代償

従来の歯列矯正治療では、「セファログラム」という横顔のレントゲン撮影を用いて診査・診断を行い、「抜歯か非抜歯」のどちらで歯列矯正を行えるのかを判断します。ここでひとつ問題なのが、この「セファログラム」です。セファログラムは横顔のレントゲンですので、左図のように平面である2次元の状態しか読み取ることができません。

歯列矯正を行うにあたり、3次元である顔の骨、歯、歯茎の骨(歯槽骨)、軟組織、舌、気道等の状態を見なくてはならないのですが、2次元のレントゲン写真では、いくら診断能力、治療技術に長けている矯正医でも限界があり、そもそも必要な情報が不足していますので、抜歯を回避できる症例においても抜歯を伴う選択をしてしまうことがあります。

こうしたことを防ぐためにも、そして、より正確に「抜歯か非抜歯」のどちらで歯列矯正を行えるのかを判断するためにも、精密審美矯正センターでは「歯科用CT」を導入しています。

歯科用CTとは、上図のように顔を3次元(立体的)に撮影することができますので、セファログラムとは比較できないほど圧倒的な情報量を得ることが可能です。この歯科用CTを用いた3次元データにより、診断能力の飛躍的な向上だけに限らず、歯列矯正治療の質の向上にも大きな貢献をしています。

また、抜歯か非抜歯を見極めるためには下記の情報が必要となります。

 

歯科用CTを導入したことで、これらの様々な情報を得られるようになり、より正確に「抜歯か非抜歯」かを判断することが可能となりました。
歯列矯正において、治療技術はもちろんのこと、それ以上に事前の診査・診断が命運を分けると言っても過言ではありません。インプラント処置において歯科用CTが必要不可欠となっているように、歯列矯正においても歯科用CTが不可欠な存在になる時代は間違いなく来ます。それほど歯列矯正治療には重要なのです。

当センターグループの歯科医院では無料相談を毎日行っていますので、ぜひお気軽にご相談下さい。


初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日 11:00~20:00 土日 10:00~18:00



サテライトネットのご紹介



精密審美歯科センター

初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00
※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

無料相談申込フォーム

Copyrights © Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved.