マウスピース矯正、ワイヤレス矯正について

歯列矯正装置/ Appliance

トップページ  >  歯列矯正装置  >  マウスピース矯正

マウスピース矯正

マウスピース矯正とは?

マウスピース矯正とは マウスピース矯正は、患者様の歯型に合わせたマウスピースによって歯列矯正を行います。
取り外しが自分で簡単にできることで、他の矯正装置と比べて痛みや不快感が少ないのが特徴です。また、装着していることが分かりにくいことも人気の理由となっています。
ただし、毎日長時間装着することが治療効果につながりますので、自己管理が必要なことと、歯並びの症状によっては改善が難しいケースもあります。

「マウスピース矯正」のメリット・デメリット

メリット デメリット
・比較的ストレス(痛みや不快感)が少ない
・矯正装置が見えにくい、目立たない
・自分で装置を取り外しできる
・装置が取れるため、歯磨きがしやすい
・金属アレルギーの方も安心
・激しいスポーツも楽しめます
・吹奏楽器も楽しめます
・症状によっては治療が難しい
・毎日長時間使用

マウスピース矯正で失敗する理由

マウスピース矯正で失敗する理由、つまり治療計画通りに進まない理由として挙げられるのは「適応できる症例かどうかの判断(診察診断)」と「矯正装置(マウスピース)の装着時間が短い」です。

マウスピース矯正で失敗する理由1:適応できる症例かどうかの診断

マウスピース矯正は、最近の治療数の増加やメーカー独自の研究もあり、少し前では治療が難しかった症例でも治療可能になってきています。
しかしながら、まだまだ治療できない例があるため、マウスピース矯正で治療できる症例かどうかの診断が重要なポイントになります。
当センターグループの歯科医院では、これまでのワイヤー矯正での経験豊富な矯正医がマウスピース矯正も治療をおこなうため、患者様のご要望や症状などを考慮したうえで、マウスピース矯正での治療を含め、患者様にとって最適な治療法をご提示いたします。

マウスピース矯正で失敗する理由2:マウスピース(矯正装置)の装着時間が短い

患者様がご自身で装置を簡単に外すことができなかった、これまでのワイヤー矯正とは違い、マウスピース矯正では、矯正装置であるマウスピースを簡単に取り外すことができます。
簡単に取り外すことができることで、普段通りに飲食ができ、普段通りに歯磨きができますので、虫歯や歯周病になるリスクが少なくなります。しかしながら、失敗する要因にもなってしまうのです。マウスピース矯正では、計画通りに治療を進行するためには、毎日長い時間、マウスピース(矯正装着)を装着する必要があります。つまり、外食が多い方や飲食時間が長い方、装着を忘れやすい方などは、計画通りに治療が進まなくなってしまいます。

そのためには、患者様ご自身による自己管理を徹底していただくことが重要です。外食が多い方や自己管理に不安がある方は、マウスピース矯正だけでなく、これまでのワイヤー矯正もご検討ください。当センターグループの歯科医院では、裏側(舌側)矯正や審美装置などの目立たない矯正治療法や見えにくい矯正治療法も行っています。

 

マウスピース矯正の治療例

マウスピース矯正を行った治療例です。
マウスピース矯正の治療例

 

マウスピース矯正治療手順

1

ゴールの設定

最初の歯並びの状態から、最終的にゴールとする歯並びを設定します。

2

シミュレーション

最初の状態からゴールに至るまでの歯の動きのシミュレーションを行います。各ステップごとのマウスピースを作成します。

3

矯正治療開始

歯科医師の指示に従い、各ステップごとのマウスピースを順番通りに装着し、矯正治療を行います。この間、3~6週間に1回のペースの通院となります。

4

保定開始

歯の移動が完了したら、歯並びを安定させるための保定期間に入ります。

5

治療終了

保定期間を経て歯並びの安定を観察したら治療の終了となります。

 

マウスピース矯正(矯正装置)のお手入れ方法

マウスピース マウスピース矯正での治療中は、矯正装置であるマウスピースのお手入れも大切です。
マウスピースを歯に直に装着させますので、キレイに清潔にしてください。

  • マウスピース(矯正装置)の洗い方

1

歯ブラシで丁寧に洗ってください。

2

外側だけでなく、歯にあたる内側も磨いてください。

3

よく水洗いしてください。

どちら側も弱めに磨き、磨き終わったらよく水洗いしてください。なお力が強すぎると、マウスピースが壊れてしまうこともあるのでご注意ください。

4

専用のクリーナーもありますのでご相談ください。

  • マウスピース治療中の注意

飲食時はマウスピース(矯正装置)を外してください。装着して飲食すると、装置が変形するだけでなく、食べたものが装置に着くことで、虫歯や歯周病の原因にもなる可能性があります。
また、マウスピース(矯正装置)を外した時は、専用ケースに入れておくと、間違えて踏んで壊れることやホコリなどがつくことも防ぐことができます。なお、水であれば、マウスピース(矯正装置)を外す必要はありませんが、熱い飲み物、糖分のあるジュース、コーヒーやワインなどの色が濃い物を飲む時は、装置を外すようにしてください。

 

マウスピース矯正の治療費の目安

アソアライナー
-ASO Aligner-

(半年以内で終了するケース)

治療費の目安

3~30 万円

トランスクリアー
-Trans Clear-

(数か月~1年程度で終了するケース)

治療費の目安

3~30 万円

インビザライン
-invisalign-

(1年を超えるケース)

治療費の目安

30~85 万円

マウスピースは幾つかのメーカーがあり、各メーカーが推奨する症例があります。使用するマウスピースは、各メーカーの推奨ケースに基づき、症例によって選択しております。使用するマウスピースや、かかる治療費についてはカウンセリング時にお伝え致します。

 

 



初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日 11:00~20:00 土日 10:00~18:00



サテライトネットのご紹介



精密審美歯科センター

初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00
※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

無料相談申込フォーム

Copyrights © Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved.