インビザライン(マウスピース矯正)のデメリット

歯列矯正治療/ Orthodontic

トップページ  >  歯列矯正治療  >  インビザラインのメリット・デメリット

インビザラインのメリット・デメリット

インビザライン インビザラインはマウスピース型の矯正治療法です。

世界中で多くの患者様が行われている治療であるために、進化する矯正治療法とも言えますが、万能な治療法ではありませんので、当然ながらメリットだけでなくデメリットもあります。

  • インビザラインならではのメリット

インビザラインは、比較的新しい歯の矯正治療法であるため、インビザライン独自のメリットがあります。

・歯の動きを3Dシミュレーションで事前確認
・5年以内ならマウスピース再作成(インビザラインFullの場合)
・世界中で治療されているため、対応可能な治療症例が増加

 

  • マウスピース矯正ならではのメリット

インビザラインはマウスピース型の矯正治療法ですので、マウスピース矯正としてのメリットもあります。

・歯に装置を固定しないので、痛みが少ない
・金属アレルギーの方も安心して治療できる
・従来のワイヤー矯正法と比べて通院回数が少なくてすむ
・マウスピースは透明に近いので目立ちにくい
・マウスピースをいつでも好きな時に外すことができるので、下記のようなメリットもあります。

→ 歯磨きが普通にできるので、虫歯や歯周病になりにくい
→ 食事が普通にできる
→ 音楽演奏が楽しめる(吹奏楽)
→ スポーツが楽しめる(激しいスポーツも)

 

  • インビザライン・マウスピース矯正のデメリット

インビザラインやマウスピース矯正は万能な治療法ではないため、下記のようなデメリットもあります。

・症状によっては治療できない場合もある
・毎日長時間のマウスピース装着が必要
・患者様ご本人による自己管理の難しさ
・インビザライン以外の矯正法で治療経験のない歯科医師でも治療可能

インビザライン以外の矯正治療法(ワイヤー矯正など)で治療経験をしたことがない歯科医師でもインビザラインは治療可能です。しかし、万が一、治療計画通りに進行しなかった場合、インビザライン以外の矯正治療経験がない歯科医師では、ワイヤー矯正などの治療法で歯並びを治療することは難しいこともデメリットのひとつと言えるでしょう。



初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日 11:00~20:00 土日 10:00~18:00



サテライトネットのご紹介



精密審美歯科センター

初回予約専用フリーダイヤル

0120-118-041

平日11:00~20:00/土日10:00~18:00
※ドクターによる応対ができないため、お電話での治療に関するご相談はお受けできません。

無料相談申込フォーム

Copyrights © Seimitsu Shinbi Shika Center All Rights Reserved.